MENU

低用量ピルはPMSの特効薬

低用量ピルは日本の病院でもっとも多く処方されることの多い、PMSのための医薬品です。本来、ピルというのは避妊を目的として用いられる女性ホルモン剤です。その成分としては、妊娠時に分泌されるエストロゲンとプロゲステノーゲンを少量含有しています。服用することで、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たようにしてしまいます。妊娠しているならそれ以上妊娠することない、ということで排卵を抑制する仕組みです。この低用量ピルには、避妊だけではなく、PMSや生理痛軽減などの効用もあるのです。ピルはPMSには著しく効果を発揮しますが、ただし、特効薬といっても、対症的な飲み方をするわけではありません。毎日飲み続けてはじめて効果を発揮します。服用をやめると排卵が生じるため、途中でやめるということができません。保険適用外ですし、産婦人科などを通して購入するしかないため、結構な出費になります。本当にPMSが辛い人であれば服用はやむを得ないところがありますが、必ずしもベストな対策ということもありません。副作用についても注意が必要ですから、定期的な通院と検査は欠かせません。とはいえ、確実な効果が得られるのは事実ですから、ぜひ活用を検討してみましょう。

PMSで低用量ピルを使うなら個人輸入もあり

使い方次第では非常に女性にとっては心強い味方なる低用量ピル。これを使いこなせば、PMSという辛い症状に悩むこともなくなります。しかし、低用量ピルはその購入が難しいのが問題です。普通は、婦人科や産婦人科で処方箋を書いてもらい、それでようやく購入となります。PMSなど大きな問題がなければ処方箋を書いてもらうことも難しい部分があるうえ、保険の適用範囲にも含まれません。概ねその値段は高く、一カ月ぶんで3000円以上です。服用自体、途中でやめることもできず、年間3万円以上の出費が必要となります。しかも切れたらまた病院に行く必要があり、診察費も生じます。こうした手間や費用の問題を解決したいのであれば、海外から個人輸入をするのがよいでしょう。個人輸入で購入できるのは海外製のピルで、製造方法や成分などには細かい違いがあります。中には品質の悪い低用量ピルもあり、発がん性などが疑われるものすら存在します。ですのであまり簡単に決めることはオススメしないのですが、インターネットなどで本当によい低用量ピルが見つかれば、試してみる価値はあります。ただ、PMSが改善できても副作用などが生じることもあり、定期的な検査は必要です。問題は仕事なのですが、チャットレディという仕事であれば自由な時間に働けて時給も高いので、体調の悪い時でも休むことが出来ます。チャットレディとは男性とwebuカメラで楽しく会話するサービスですので、会話が好きな方にオススメです。チャットレディの求人情報は探せばいっぱい出てきますので自分で調べてみましょう。